ABOUTサークル空撮課について

サークルの空撮は何が違うのか?
それは、長年の実績
そして
撮影機器レンタル会社ならではの知識を最大限に生かした
「プロの腕」と「プロの機材」


サークルは、経験豊富なオペレーターが
安全かつ安定したオペレーションで
ご納得のいく空撮映像・空撮サービスをお届けします。

 
1

サークルが選ばれている理由その1公的機関、TV局、大手企業などからの実績多数

自衛隊のプロモーションビデオを始め、ゴールデンタイムのテレビ番組、大手企業プロモーションビデオなど、公的機関から大手企業まで実績多数。多岐にわたるお客様からご信頼をいただいています。

イメージ図
●●●●●
 
2

サークルが選ばれている理由その2急な案件に対応できる全国包括許可取得済み(国土交通省発行)

許可が下りるまで長い期間要するため、スケジューリングのネックとなりやすかった飛行許可申請。そこでサークルでは国土交通省への「全国包括許可」を申請・取得。一定の飛行場所や飛行方法、ドローンの種類に限り、都度申請を出す必要がなくなりました。
これにより、急な都市部での撮影や人・物件との近距離での撮影、夜間撮影などの案件に迅速にお応えできるようになりました。

イメージ図
●●●●●
 
3

サークルが選ばれている理由その3面倒な飛行許可申請はサークルが代行

この度の航空法改正により煩雑になった飛行許可申請。サークルでは空撮をお申込み頂いたお客様に限り、無料で申請代行致します。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

イメージ図
●●●●●
 
4

サークルが選ばれている理由その4「マルチコプター」と呼ばれていた頃からの経験と実績

ドローンビジネスが急速に発展してきている昨今。しかし、サークル空撮課は「ドローン」という言葉が普及するずっと前から「マルチコプター事業」として空撮を手掛けてきました。 サークルの長きに亘る空撮事業を支えてきた経験豊富なオペレーターが、その熟練の操縦スキル・撮影スキルで安全かつ安定したオペレーションを行います。

イメージ図
●●●●●
 
5

サークルが選ばれている理由その5暴走防止装置付き有線ドローンでさらに安全性を確保

サークルでは、より安心・安全にドローン空撮を行うために、暴走防止装置による有線ドローン空撮を始めました。 最高時速45km/hという速度で巻取り、糸をたるませることなくドローンを飛行させることができるこの装置。万が一ドローンが暴走を始めた際も、本機器の重量で引っ張られることなく、暴走事故を確実に未然に防ぐことができます。公共機関や大型施設での空撮、イベントでの空撮などの安全対策に最適です。

イメージ図
●●●●●
 
6

サークルが選ばれている理由その5撮影機材レンタル会社ならではの充実のプロ用機材

サークルでは撮影機材レンタル会社ならではの、高性能なプロ用空撮機材を取り揃えています。高画質・高品質の映像をお客様にお届け致します。

Inspire1PRO(Black)
CineStar8+MoVI5
DJI SpreadingWings S1000
DJI Phantom4Pro+

PAGE TOP