ABOUTサークル空撮課について

サークルの空撮は何が違うのか?
それは、長年の実績
そして、撮影機器レンタル会社ならではの知識を最大限に生かした
「プロの腕」と「プロの機材」


サークルは、経験豊富なオペレーターが
安全かつ安定したオペレーションで
ご納得のいく空撮映像・空撮サービスをお届けします。

 
1

サークルが選ばれている理由その1公的機関、TV局、大手企業様などからのリピート実績多数

自衛隊のプロモーションビデオを始め、ゴールデンタイムのテレビ番組、大手企業プロモーションビデオなど、公的機関から大手企業まで実績多数。多岐にわたるお客様からご信頼をいただいています。

イメージ図
●●●●●
 
2

サークルが選ばれている理由その2フライト回数制限なし(一部を除く)・一日単位の料金設定だから費用面でも安心

サークルの空撮は基本、フライト回数制限がありません(一部を除く)。一日¥150,000~と一日単位の料金となっておりますので、費用の面でも安心してご利用いただけます。
※測量・3D解析用空撮におけるMatrice600使用時のみ、基本1日4フライト それ以上はオプションとさせていただいております。
※プロモーション空撮でのMatrice600使用をご希望の場合はご相談ください。

イメージ図
●●●●●
 
3

サークルが選ばれている理由その3急な案件に対応できる全国包括許可取得済み(国土交通省発行)

許可が下りるまで長い期間要するため、スケジューリングのネックとなりやすかった飛行許可申請。そこでサークルでは国土交通省への「全国包括許可」を申請・取得。一定の飛行場所や飛行方法、ドローンの種類に限り、都度申請を出す必要がなくなりました。
これにより、急な都市部での撮影や人・物件との近距離での撮影、夜間撮影などの案件に迅速にお応えできるようになりました。

イメージ図
●●●●●
 
4

サークルが選ばれている理由その4面倒な飛行許可申請はサークルが代行

この度の航空法改正により煩雑になった飛行許可申請。サークルでは空撮をお申込み頂いたお客様に限り、無料で申請代行致します。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

イメージ図
●●●●●
 
5

サークルが選ばれている理由その5「マルチコプター」と呼ばれていた頃からの経験と実績

ドローンビジネスが急速に発展してきている昨今。しかし、サークル空撮課は「ドローン」という言葉が普及するずっと前から「マルチコプター事業」として空撮を手掛けてきました。 サークルの長きに亘る空撮事業を支えてきた経験豊富なオペレーターが、その熟練の操縦スキル・撮影スキルで安全かつ安定したオペレーションを行います。

イメージ図
●●●●●
 
6

サークルが選ばれている理由その6暴走防止装置付き有線ドローンでさらに安全性を確保

サークルでは、より安心・安全にドローン空撮を行うために、暴走防止装置による有線ドローン空撮を始めました。 最高時速45km/hという速度で巻取り、糸をたるませることなくドローンを飛行させることができるこの装置。万が一ドローンが暴走を始めた際も、本機器の重量で引っ張られることなく、暴走事故を確実に未然に防ぐことができます。公共機関や大型施設での空撮、イベントでの空撮などの安全対策に最適です。

イメージ図
●●●●●
 
7

サークルが選ばれている理由その7撮影機材レンタル会社ならではの充実のプロ用機材

サークルでは撮影機材レンタル会社ならではの、高性能なプロ用空撮機材を取り揃えています。
高画質・高品質の映像をお客様にお届け致します。

  • DJI Matrice210
    産業用DJI社製 Matrice210+Zenmuse Z30

    17インチプロペラと高性能モーターで強風時も安定。氷点下での飛行中も自動でバッテリーを温める新しいデュアルバッテリー・パワーシステム、悪天候にも強い密閉型の防滴設計(IP43)など、さまざまな環境下で飛ばすことのできる高耐久性設計の産業用ドローンです。
    また、空撮カメラ初、最大30倍光学ズームと6倍デジタルズーム搭載しており、離れた安全な場所から施設や設備の損傷などを探知。従来のドローンでは不可能だった細かな劣化まで撮影し、多くのデータを収集します。
    (※赤外線カメラをご希望の方はご相談ください。)

  • DJI Inspire2
    標準機DJI社製 Inspire2+Zenmuse X5S

    HD動画伝送システムと一体化された世界初の映画制作用ドローン。ハリウッド映画レベルの映像が撮影できます。
    このサイズの機体としては前人未踏の速度と敏捷性を誇り、停止した状態から80km/hまでの加速時間はわずか5秒。最大速度は94km/hに達します。
    デュアル・バッテリー・システムが飛行時間を25分に延長し (Zenmuse X5S搭載時)、自己発熱技術で低温環境下での飛行も可能に。さらに、最新の無線HD映像伝送技術を搭載し、Inspire 2の送信機を衛星トラックと接続するだけで直接TVに中継できます。

  • DJI Phantom4Pro+
    標準機DJI社製 Phantom 4 Pro

    これまでのPhantomよりパワフルな動画処理性能を持ち、1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載。4K/60fpsの動画と14fpsのバーストショット (静止画の連続撮影)を撮影できます。
    また、合計で5方向にあるセンサーで障害物を認識するので、GPSがなくても障害物を回避しながら安定した飛行が可能です。

  • CineStar8+MoVI5
    大型機FreeFly Systems社製 CineStar8+MoVI5

    高性能カメラジンバルで名高い米Freefly Systems社製のドローン+ジンバル。8翼ドローンと高性能ジンバル・4Kカメラで安定した高品質映像を撮影します。

  • DJI SpreadingWings S1000
    大型機DJI社製 SpreadingWingsS1000

    折りたたみ式のアームで持ち運びしやすいドローン。8ローター推進力システムで、重いデジタル一眼レフカメラを搭載してフライトできます。

PAGE TOP