空撮課Information 01

暴走防止装置が事故を未然に防ぐ
有線ドローン空撮始めました。

公共機関・大型施設・イベントなどの空撮に最適!サークルは空撮のさらなる安全性を追求します。

サークルでは、より安心・安全にドローン空撮を行うために、暴走防止装置による有線ドローン空撮を始めました。
最高時速45km/hという速度で巻取り、糸をたるませることなくドローンを飛行させることができるこの装置。万が一ドローンが暴走を始めた際も、本機器の重量で引っ張られることなく、暴走事故を確実に未然に防ぐことができます。公共機関や大型施設での空撮、イベントでの空撮などの安全対策に最適です。

有線ドローンの仕組み
  • 空撮によるインフラ点検時の安全対策に

    インフラの例:橋梁インフラの例:コンビナート
  • 大型モールやイベントにおける空撮の安全対策に

    イベントの例:大型モールイベントの例:ライブ
有線ドローン装置写真

[手順] 下記のような手順で高性能リード装置をドローンに付け、飛ばします。

  • 手順1の写真 1. ドローンにリードをしっかりくくりつけます。
  • 手順2の写真 2. 機体の大きさ、速度、リードの長さ、飛行時間などをあらかじめ設定します。
  • 手順3の写真 3. 設定が終わったらいよいよドローンを飛ばします。
  • 手順4の写真 4. ブレーキ強度を細かく調整できる手動ディスクブレーキが、より的確に暴走を防止してくれます。
  • 手順5の写真 5. ドローンの速度と糸の長さ、飛行時間がリアルタイムで表示。表示を見ながらより正確に操作できるので安心です。
  • 手順6の写真 6. 高速巻き取り性能(最高時速45km/h)毎秒12.5m/sで糸が弛むことなく自由な操作でき、ドローンの暴走事故を未然に防ぎます。

より安全性を求められるドローン空撮時に。
有線ドローンをご用意しておりますのでぜひご相談ください。

PAGE TOP