ABOUTサークル空撮課について

事業にドローン空撮がなくてはならない時代。
サークル空撮課は “御社の空撮課として” 事業の発展・コストカットに貢献致します。

御社の「空撮課」として その1

徹底した安全対策を施します。

「暴走防止装置付き有線ドローン」×「2~3人体制による空撮」

ドローン空撮で心配されるのがやはりドローンの落下による思わぬ事故。サークルではいち早く「暴走防止装置付き有線ドローン」の提供を開始し、イベントや公共施設での事故を未然に防ぐ手立てを整えてきました。また、他社ではよく「オペレーター1人」での撮影がある中、空撮課は必ず2~3人で空撮を行うことで、ドローンの動きはもとより周りの障害物にも絶えず目を配り、安全を確保しています。

  • 有線ドローンイメージ図

    万が一の事故を未然に防ぐための安全対策があります。

    電波障害などで万が一ドローンが暴走・墜落しても、有線だから安心。人や物に接触する心配がありません。公共機関・大型施設やイベントでの空撮など、より確実な安全対策を求められるお客様に最適です。

  • 2~3人体制イメージ図

    2~3人体制で周囲の安全を確保します。

    本来、空撮は二人体制が必須と言っても過言ではありません。カメラモニターを見ながら、ドローンの動きや障害物にも気を配るのは非常に困難だからです。サークルは必ず2人以上の体制で空撮し、安全を確保しています。

御社の「空撮課」として その2

1日あたりの料金を固定。
コスト削減に貢献いたします。

「フライト回数制限なし」×「撮影箇所制限なし 拘束制限なし」×「取りこぼしや予想外の追加フライトの心配なし」

ドローン空撮会社を選ぶ際、重要なのが料金設定。弊社ではお客様の声にお応えし、「フライト回数制限なし」「撮影箇所制限なし」「拘束制限なし」で一日当たりの作業料金を固定にしております。現場での飛行回数、作業時間にも余裕ができるため、効率化、コスト削減に貢献。予定していた金額を超える心配がなく、クライアント様にも喜ばれております。

  • フライト回数制限なし。追加料金がないから、安心してまる1日撮影できます。(※標準機および一部の大型機の場合)

    基本プランPhantom4 Pro、Inspire2と同程度の機種使用
    岐阜県で8時間、A地点で6フライト、B地点で6フライトした場合の料金(クルー2名)

      A社 B社 サークル空撮課
    基本料金 ¥180,000 ¥80,000 ¥150,000
    使用機種 Inspire1 Phantom4 Pro Inspire2
    Phantom4 Pro
    ※その他にも機種あり
    拘束制限 6時間まで 2時間以内 無制限
    フライト制限 6フライトまで 約1時間以内 無制限
    撮影箇所制限 1ヵ所 1ヵ所 無制限
    クルー人数 1名 1名 2~3名
    人件費 別途
    (¥25,000/人)
    込み 込み
    交通費 別途
    (片道30km内のみ無料)
    別途
    (片道70km内のみ無料)
    別途
    ↓ 追加料金 ↓
    人件費 2名分
    ¥25,000×2名
    追加1名分
    ¥〇〇〇×1名
    0円
    時間延長料金 ¥〇〇〇(2時間延長分) ¥〇〇〇(6時間延長分) 0円
    撮影箇所・フライト回数追加料金 ¥〇〇〇(6フライト分追加) ¥〇〇〇(フライト3時間分追加) 0円
    ※各社サービス内容に関してましては、表と多少異なる場合がございます。各自ご自身でご確認いただけますようお願い致します。※前日入りなどの場合は宿泊費など別途料金が発生します。

御社の「空撮課」として その3

ベテランスタッフが
確実にご希望の映像を撮影いたします。

「正確な操作技術」×「プロ用のドローン&機材」×「現場対応力」

サークル空撮課には、最新のプロ用機材、それを活かせる操作技術、そして長年の経験から培った対応力があります。初めての分野の現場では多くの不安がつきものですが、サークル空撮課はこれらの利点を現場現場でフルに活かして、お客様のご希望の映像を確実に撮影いたします。

  • 正確・高度な操作技術イメージ図

    正確かつ高度な操作で「ご希望の画」を撮ります。

    事故防止のためあらゆるセンサーを装備した最新のドローン。しかし、サークル空撮課のパイロットは「完全マニュアル」で操作できる技量を備えているため、より正確な操作が可能です。
    常日頃の飛行訓練、機材のメンテナンスはもちろん、汎用型のドローンが一般的になる前から独自にパーツを組み合わせて制作し、飛行を繰り返してきた経験を基に、正確かつ安全な飛行でお客様のニーズにお答えします。

  • プロ機材イメージ図

    一眼レフ、赤外線カメラ等の搭載も可能です。

    サークルでは撮影機材レンタル会社ならではの、高性能なプロ用空撮機材を取り揃えています。標準機から大型機まで、一眼レフカメラや赤外線カメラはもとより、その他の特殊カメラの搭載も可能。さらには、コントローラーにリモートフォーカスを取り付けることでより精度の高い撮影も可能となっており、お客様ご希望の映像を高画質・高品質でお届けできます。

  • 現場対応力イメージ図

    ベテランスタッフがどんな現場にも対応致します。

    テレビ放送、CM、PV、イベント撮影、点検調査、測量、または、学校、企業、自衛隊、不動産、海外など様々な用途・場所での空撮に携わってきた弊社は、現場現場に応じたサービスのご提供が可能です。また撮影現場においても、経験豊富なスタッフが「天候」「風速」「電波」「飛行可能区域」など様々な状況を迅速に判断し、適切なフライトを行います。

  • 生中継対応イメージ図

    放送業界のノウハウ有。生中継はお任せ下さい。

    これまでのドローンの中継映像はオペレーターの確認用の映像(ビットレートやフレームレートの落ちた映像)をそのまま出力し生放送やイベントでの画出しとして使用してきましたが、サークルでは生中継に対応する機材をご用意し収録映像と同等の映像を出力することが出来ます。番組での生放送やイベントでの高画質な画出しに多くの実績がございますので安心してご相談下さい。※詳細についてはお問い合わせ下さい。

御社の「空撮課」として その4

スムーズな「空撮許可取得」で
お客様の時間を大切にいたします。

「飛行許可申請代行」×「国交省発行全国包括許可取得済み」

複雑な飛行許可申請をサークルが代行。また、「全国飛行許可申請」取得済みだから即日対応が可能。お客様を極力お待たせせず、スムーズな段取りで臨んでいただけます。

  • 飛行許可申請代行イメージ図

    面倒な飛行許可申請はサークルが代行します。

    無人航空機の飛行許可取得は厳密となっており、一度のフライトでも「飛行許可が必要な空域の場合の申請」、「夜間飛行や物件投下、イベント飛行など特殊な飛行方法などの各申請」を、航空局、自衛隊、空港事務所など案件に係る全ての申請先に同時に申請していかなければなりません。これら航空法に関する許可申請の全てを、サークルが責任をもって行うため、安心してお任せいただけます。

  • 全国包括許可取得済み 即日対応可能イメージ図

    全国包括許可(国土交通省発行)取得済みで即日対応が可能です。

    許可が下りるまで長い期間要するため、スケジューリングのネックとなりやすかった飛行許可申請。そこでサークルでは国土交通省への「全国包括許可」を申請・取得。一定の飛行場所や飛行方法、ドローンの種類に限り、都度申請を出す必要がなくなりました。
    即日対応可能なドローン、パイロットが随時待機しております。

取得許可 2019年3月現在

東空運第16786号 東空検第7749号 Phantom4 Pro 日本全国包括
東空運第16789号 東空検第7771号 Inspire1 日本全国包括
東空運第16792号 東空検第7770号 Inspire2 日本全国包括
東空運第16400号 東空検第7569号 S1000 日本全国包括
東空運第17759号 東空検第8229号 FreeFly System CINESTER8 日本全国包括
東空運第16512号 東空検第7630号 Matrice210 日本全国包括
東空運第16399号 東空検第7568号 Matrice600 日本全国包括

その他、特殊な場所・飛行においては別途申請しております。

PAGE TOP