FAQよくあるご質問

 

サークルの空撮についてのご質問

Q1. 対応可能なエリアを教えてください。
A1.

サークルの空撮は全国どこへでも伺います。
サークルは国土交通省が発行する「全国包括許可」取得済み。全国どこでも、素早く対応することが可能です。
なお、空港周辺や重要施設等周辺では飛行できない場合があります。詳しくはご相談ください。

Q2. フライト回数制限はありますか? また、フライト回数によって料金は変わりますか?
A2.

【プロモーション用空撮】
フライト回数制限はございません。一日¥150,000~と一日単位の料金となっておりますので、費用の面でも安心してご利用いただけます。詳しくはこちらの料金ページをご確認ください。
(※プロモーション空撮でのMatrice600使用をご希望の場合はご相談ください。)

【調査・測量・3D解析用空撮】
フライト回数制限はございません(一部を除く)。一日¥150,000~と一日単位の料金となっておりますので、費用の面でも安心してご利用いただけます。詳しくはこちらの料金ページをご確認ください。
(※Matrice600使用時のみ、基本1日4フライト それ以上はオプションとさせていただいております。)

Q3. どのドローンで撮っても同じですか?
A3.

いえ、それぞれの機種にそれぞれの特長があります。
なお、サークルの空撮はドローン1機で完結するということはありません。撮影内容、現場状況、専用カメラでよいのか既製品を搭載するのか、などによって、最適なドローンを選択します。ご相談ください。

Q4. ドローンの操縦はプロが行うのでしょうか?
A4.

はい。サークルの空撮は長年の実績を積んだプロのオペレーターが行います。
熟練の腕で、安定したオペレーションを行いますので、安心してお任せください。

Q5. 雨天の場合、風が強い場合はどうなりますか?
A5.

弊社の機器では雨天時での撮影は出来ません(Matrice210を除く)。また、晴れていても風速6メートル以上の風が地上で計測された場合、上空ではそれ以上の風が吹いておりますので落ち着くまでは中断させて頂いております。但し、ドローンはセッティングから撮影までが時間を要さない為、雨が止んだ合間を見計らって即座に飛行させる事が可能です。

Q6. 電波が途絶えてしまった場合、どうなりますか?
A6.

ドローンと操縦機の電波が途切れてしまっても、フライト前に記録させた位置へ自動で戻ってきます。
ドローンに電源を入れた際に記録された飛び出し位置がホームと認識され、異常を検知すると自らホーム位置へ帰還しようとシステムが発動し、安全に手元に戻ってくるのです。

 

空撮の手続き・飛行許可についてのご質問

Q1. 保険はどうすればいいですか?
A1.

サークルでは万が一に備え、東京海上日動火災保険株式会社の第三者賠償責任保険に加入しております。
補償金額対人2億円、対物5億円となっております。

Q2. 必ず飛行許可申請が必要ですか?
A2.

はい。ほとんどの場合で飛行許可申請が必要となります。
この度の「無人航空機に係る航空法改正」により飛行許可申請は煩雑になり、航空法に定めるルールに違反した場合には50万円以下の罰金が科せられるようになりました。
下記が国土交通省が定める飛行許可申請が必要となるケース、および飛行ルールとなります。

(1)無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について
以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。
※ 各空港等の周辺に設定されている進入表面等の大まかな位置や人口集中地区の範囲を記載した地図については、地理院地図においても確認可能です。

飛行許可が必要となる空域イメージ図

(2)無人航空機の飛行の方法
飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。
[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

<承認が必要となる飛行の方法>

承認が必要となる飛行の方法イメージ図

参考:国土交通省HP「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」より

Q3. 夜間飛行とはいつからいつまでの時間帯の飛行となりますか?
A3.

日の入りから翌日の日の出までの時間帯での飛行となります。(国立天文台ホームページの掲載情報を元に算出)
上記に該当する時間帯での飛行は夜間飛行となり、国交省への申請が必要となります。ただしサークルでは夜間飛行の許可を年間で取得している為、即日対応可能です。

Q4. イベント上空空撮の飛行許可も即日対応ですか?
A4.

祭り、花火大会、運動会、マラソン大会といった、特定の日時に不特定多数の方が集まる催し物上空での飛行はその規制が厳しくなっており、その都度国交省へ申請を行わなければなりません。即日の対応はできませんので、余裕を持った日程での企画が大切になってきます。

Q5. イベント上空空撮の場合、どこまでが立ち入り禁止範囲となるのでしょうか?
A5.

下記の範囲が立ち入り禁止となります。(国土交通省HPより)

飛行の高度 立入禁止区画
20m未満 飛行範囲の外周から 30m以内の範囲
20m以上 50m未満 飛行範囲の外周から 40m以内の範囲
50m以上 100m未満 飛行範囲の外周から 60m以内の範囲
100m以上 150m未満 飛行範囲の外周から 70m以内の範囲
150m以上 飛行範囲の外周から落下距離(当該距離が70m未満の場合にあっては、70mとする。)以内の範囲

規定範囲の立ち入り禁止区域の設置が難しい場合、サークルでは例外として「暴走防止装置付き有線ドローン」を使用します。有線のような物理的に安全を確保できる道具を使用することにより飛行許可が下りやすくなります。

Q6. 飛行許可申請は自分で行わなければいけませんか?
A6.

サークルでは無料で飛行許可申請の代行を行っております。(※サークル空撮案件に限る)
ご希望の方はお気軽にお申しつけください。

Q7. 飛行許可と撮影許可は同じですか?
A7.

撮影許可と飛行許可は同じではありません。基本的には地上の許可はお客様、空の許可はサークルでとお考えください。
飛行許可はサークルで代行取得致しますが、撮影許可の取得、道路使用許可の取得、ご近所への対応などはお客様ご自身で行っていただく必要がございます。
地上の許可取得についてご不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。

Q8. 海の上で撮影したい場合はどんな許可が必要ですか?
A8.

海上での空撮の際には、海上保安庁への申請が必要となります。
こちらの申請については「ドローン飛行申請」ではなく「海上での撮影申請」となりますので、お客様の方で既に撮影自体の撮影許可を取得している場合は飛行可能となります。

Q9. 飛行禁止場所とは具体的にどんなところですか?
A9.

下記が禁止区域となります。

[1]国の指定した、重要施設付近
皇居周辺、国会議事堂周辺、羽田・成田空港中心部付近、調布飛行場中心部付近、自衛隊駐屯地付近など全国各地
[2]関係者以外の一般の方の上空
撮影スタッフや出演者のように、関係者がドローンが飛行することを把握している場合は飛行可能となりますが、一般の方の上空は地上の許可を取得していても飛行出来ません。一般の方が出入りをするような場所では、ドローン直下に人が入らない工夫が必要となります。
[3]線路上や道路上
線路上や道路上などは基本的に飛行不可能となっております。 例外的に道路使用許可等を取得し、交通整備がされ車両の通行を止めることが出来る場合は飛行可能となります。

Q10. 同じ案件で複数の空撮がある場合、一つ一つに申請が必要ですか?
A10.

本来は都度申請を取る必要がありますが、サークルでは国土交通省に「全国包括許可」を申請・取得済みのため、一定の飛行場所や飛行方法、ドローンの種類に限り、都度申請を出す必要がありません。
これにより、急な都市部での撮影や人・物件との近距離での撮影、夜間撮影などの案件に迅速にお応えできるようになりました。

Q11. 飛行許可申請が必要な場合、申請を依頼してどのくらいで撮影できますか?
A11.

国土交通省への申請は少なくとも10開庁日までに行う必要があります。国土交通省の担当部署の状況によってはさらにお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。
※申請は現場確定後に開始いたします。
※撮影許可に関してはお客様にお取り頂いております。

 

調査・測量・3D解析用空撮についてのご質問

Q1. 飛行時間は1フライトにつきどのくらいですか?
A1.

機体の種類によりますが、10分~30分となっております。詳しくはこちらをご覧ください。

Q2. 解析したデータはどういった形式で、いついただけますか?
A2.

CD、DVD、BD、SDカード、USBメモリ等のメディアやメール送付にて納品致します。ご希望の納品方法をお知らせください。
※CD・DVD・BD:有料/SDカード・USBメモリ:お客様お持込み/メール送付:無料
納品時期につきましては解析の内容によりますので、スタッフにご相談ください。

 

プロモーション用空撮についてのご質問

Q1. 夜間でも撮影可能ですか?
A1.

はい、可能です。花火空撮など多くの実績がございます。

Q2. ロケハンはしてもらえますか?
A2.

はい、オプションにロケハンをご用意しております。
・フライトなし:40,000円
・フライトあり:60,000円 撮影した映像はサンプルとしてお使いいただけます。(お打合わせ等の場合のみ使用可。本番用にはお使いいただけません。)
※どちらの場合も別途交通費の雑費は発生致します。

現場の状況などを確認するため、できるだけフライトありのロケハンをお勧め致します。

Q3. 撮影した映像はどういった形式で、いついただけますか?
A3.

SDカードにて当日納品致します。
※お客様の持込み可。
※弊社のSDカードで納品させていただいた場合は、後日カード返送をお願いしております。

PAGE TOP