空撮課Information 06

ドローン空撮映像をYouTube Liveなど動画サービスへ配信。高画質な小規模生中継をお手伝いします。

ドローンからの映像をYouTube Live、Twitch、Facebook Live、LINE LIVEなど動画配信サービスへ生配信。

新型コロナウイルスの影響で大型中継が困難な今、校外学習、防災訓練、野外イベントなど様々な生配信で高画質ドローン映像をご活用いただけます。

このようなお悩みをお持ちの方に

  • コロナ禍で大型中継が難しい方
  • 動画配信サービスへの配信でも高画質にこだわりたい方
  • コロナ禍で校外学習が難しい先生方
  • 災害状況把握・避難者発見などの災害訓練にドローンを利用したい方
  • 工事現場の進捗状況などをリアルタイムに全国支店で把握したい方

INSPIRE2 を使用した生配信

ドローンでも高画質配信が可能に

従来のPhantom4、INSPIRE1よりも高画質生配信に適しているINSPIRE2を使用しております。通常の撮影のみではなく、配信専用の無線伝送技術も兼ね備え、高画質生配信に対応出来るようになりました。

図:INSPIRE2 を使用した生配信
図:INSPIRE2 を使用した生配信

ドローン空撮生配信例

生配信による校外学習

町内の歴史や生活、自然などを上空から撮影。俯瞰から故郷の魅力や地形を、生徒とともに確認していきます。

【方法】
  • 弊社パイロットが先生に随行いたします。
  • 教室もしくは自宅にいる生徒に生配信し、生徒とリアルタイムにやりとりをしながら撮影していきます。
イメージ図:生配信による校外学習
防災訓練における生配信活用

逃げ遅れた被災者の発見や、災害状況の確認にドローンを活用。町内の皆さんに上空からの生配信映像で状況を説明できます。

【方法】
  • 消防、警察が参加する救助訓練に、弊社ドローンを活用。
  • ドローンで災害助教の確認や被災者の捜索を行い、消防署員が救助。
イメージ図:防災訓練における生配信活用
工事の進捗状況の生配信

山間地など、容易に足を運べない場所にある工事現場の状況をドローンで撮影して全国の支店に配信。各支店にいながら、工事の状況をリアルタイムで確認することができます。作業の効率化はもちろん、移動にかかるコストを大幅に削減できます。

【方法】
  • 弊社パイロットが先生に随行いたします。
  • 各支店に生配信し、リアルタイムにやりとりをしながら撮影していきます。
イメージ図:工事の進捗状況の生配信

サークル空撮 万全の安全体制

編集できない生配信だからこそ安全性が重要です。

ライブ配信で発信する内容は編集されることなくそのまま視聴者に届けられるため、配信者はその内容に細心の注意を払う必要があります。

サークルの空撮は必ず2~3人体制で行い、安全とクオリティを確保いたします。
図:サークル空撮 万全の安全体制
図:サークル空撮 万全の安全体制

様々なことが困難な今だからこそ、
ドローンによる新たな方法の模索をお手伝いいたします。

PAGE TOP