FLIGHT APPLICATION SUPPORTドローン飛行許可申請サポート

サークルでは煩雑なドローンの飛行許可申請をサポートいたします。
申請を直接サポートする「申請レクチャーサービス」、申請をまるごと代行する「申請代行サービス」
の2つをご用意。お客様のご都合に合ったサポートをお選びいただけます。

現在、日本国内におけるドローンの利用には制限があり、人口集中地区や夜間の飛行などは国土交通省に飛行許可申請した上で事前に許可や承認を受ける必要があります。しかしこのフライト申請手続きは、初めて行う一般の方や企業にとってはかなり煩雑な内容となっており、ドローンを自社でフライトさせる際の大きなネックとなることもしばしばです。
こうした申請手続きをお手伝いするため、サークルでは「ドローン飛行許可申請サポート」を始めました。

申請の前に・・・ドローンの飛行許可を申請するには10時間以上のフライト経験が必要です。

10時間以上の飛行経歴がないお客様へ サークルでは安全にドローンの飛行練習が出来る関東近郊のドローン練習場をご案内しております。お気軽にご相談ください。(※練習場にかかる料金は申請サポート料金に含まれておりません。)

サークルのドローン申請サポートサービス

1申請レクチャーサービス

具体的に決まっているフライトの許可申請を直接レクチャーいたします。申請自体はお客様ご自身で行っていただきますので、申請方法を学びたい方にもぴったりです。

こんな方に最適です
  • 費用を抑えたい方
  • 申請方法を学びたい方
  • 本番日までお時間のない方
イメージ:弊社会議室等などにて直接レクチャー
弊社会議室等などにて直接レクチャー
イメージ:オンラインでもレクチャーできます
オンラインでもレクチャーできます

ドローン申請レクチャーサービスへ

2申請代行サービス

弊社が行政書士と提携し、御社の申請を代行いたします。申請は行政書士が行いますので、お客様は時間を有効に使うことができます。

こんな方に最適です
  • 申請をまるごと任せたい方
  • 他の業務を優先したい方
  • 本番日までに1か月以上の余裕のある方
イメージ:行政書士が申請をまるごと代行
行政書士が申請をまるごと代行
イメージ:通常業務の時間を割きません
通常業務の時間を割きません

ドローン申請代行サービスへ

PAGE TOP